月別アーカイブ: 2010年2月

黒チーム:2号機

機体のベースができてきました。ダミヤンの救助機構は、アームが伸びてハンドを回転します。来週には、動くようになります。(廣澤勝成君:電子機械工学科1年)

カテゴリー: プロジェクト, レスコン |

機械班のスケジュール

山中君と手分けして、新メンバー用の機体パーツを作っています。来週はアルミアングルを作り始めます。順次、歯車・旗と作成していきます。3月頭までには、部品が揃う予定です。(畠中一輝君:電子機械工学科2年)

カテゴリー: プロジェクト, マイコンカーラリー |

大連ソフトウェア職業学院 黄先生 来訪

学術提携のために来学された中国の大連ソフトウェア職業学院 日本語学院長の黄国苑先生が、自由工房を見学に来られました。ロボットを製作中のレスコンやマイコンカーラリーの様子を見ていただきました。通訳をしているのは、国際交流センターの木子先生です。

カテゴリー: ヒト型ロボット, プロジェクト |

基板の進捗

全国大会前に設計していた回路と中継基板を外注に出せるように見直ししています。(平窪一貴君:電子工学科3年)

カテゴリー: プロジェクト, レスコン |

集中作業スタート

先週は休みでした。各メンバーが来週の予定を立てて、月・火・水で集中的に作業を行います。ロボット相撲プロジェクトのメンバーと工作機を上手に使い分けて、スムースに作業ができるように工夫していきます。(石村仁志君:医療福祉工学科2年)

カテゴリー: プロジェクト, マイコンカーラリー |

黒チーム:1号機

ダミヤンを救助するための重要機構ができました。アームでダミヤンの脇を抱えて、スムースに持ち上げます。(浦野蒼士君:電子機械工学科1年)

カテゴリー: プロジェクト, マイコンカーラリー |

第10回レスコン書類審査通過

レスコンプロジェクトチームが第10回レスキューロボットコンテストの書類審査を通過しました。今年は、「救命ゴリラ!S」「救命ゴリラ!B」のチームが、全ダミヤン救助を目指します。

カテゴリー: ヒト型ロボット, プロジェクト |

CADの学習

組み上げた機体を参考にしながら、CADで図面を作成しています。タイヤは2時間くらいで描けました。来年は、設計時にCADで図面が描けるようになっていたいです。(岡本悠暉君:電子機械工学科1年)

カテゴリー: プロジェクト, マイコンカーラリー |

銀チーム:2号機

車体製作の途中です。アクチュエーターで足が動いて、車高を上下できる機構になっていて、ガレキを乗り越えて走行する予定です。来週までには、走行実験ができるようになる予定です(齋藤佑一君:電子工学科3年)

カテゴリー: プロジェクト, ロボット相撲 |

定例ミーティング

ロボット相撲プロジェクトとマイコンカーラリープロジェクトは、新メンバーを迎える準備を始めました。レスコンプロジェクトは大会に向けて、急ピッチで製作を進めています。

高木先生からのメッセージ:

作業の進捗報告を聞いていると、部品や外注の納品待ちをしていることが多いようです。例えば基板を外注に出したら、納品までには通常2〜3週間かかります。待ち時間で、開発作業が止まるというのは時間のロスです。企業では、一番まずいパターンです。

こうした無駄な時間を作らないためには、計画性が重要になります。

初めてロボットを作る人は、図面を描くことが「設計」だと思ってしまいます。そうではありません。工具管理や部品発注管理を含めた、工程全体の管理までが設計です。

機体のイメージが固まれば、必要な部材や工具・消耗品も割り出すことができます。これをちゃんとやらないと、待ち時間が生まれてしまいます。つまり、設計をいい加減にしているから、後から足りないものがでてくるわけです。

部品発注は、早めにやりましょう。口頭で私に伝えてもダメです。正式なフォーマットに従って記述し、責任者に伝えてください。工具関係の消耗品も、忘れずに手配しましょう。そうしないと、以降の工程がどんどん狂ってしまいます。

春休みに速やかに作業ができるよう、2月中に部品の発注をしておきましょう。

カテゴリー: プロジェクト, マイコンカーラリー |