マイコンカーラリー」カテゴリーアーカイブ

マイコンカープロジェクト今後の活動予定

2020年のマイコンカーラリー班は個人のスキルアップのためにマイコンカー以外のものも作りながら大会に出場していきたいと思います。リーダーの藤田は2月の大会に向けてマイコンカーの調整をしていきます。

宮下は電子工作とプログラミングの勉強のためにジャンプができるロボットを夏休みまでに制作します。まだ機構などは構想中ですが、実際に販売されている商品を参考にして試作品を作っていく予定です。

ジャンプ機構内部の回転板の設計
カテゴリー: マイコンカーラリー |

プログラム

プログラムや設計についてもっと学ぶためにロボットアームを製作し、マスタースレーブで制御できるようにしました。関節はすべてサーボではなく、1つはモーターにしてPID制御を使って角度制御しています。

他の一年生はArduinoの教材を使ってプログラムの基礎を勉強しました。

カテゴリー: マイコンカーラリー |

マイコンカーラリー競技会&技術交流会2019に参加してきました!

会場は東京の豊洲にあるルネサス半導体トレーニングセンターで開催されました。自由工房からは、新入生の2台が参加しました。

予選タイムでは1位通過しましたが、トーナメントでコースアウトしてしまい結果は3位でした。まだまだ調整する必要がありそうです。

カテゴリー: マイコンカーラリー |

マシン完成&走行テスト

一年生二人ともマシンが完成しプログラムの調整をしています。

8月3日の大会で優勝するために細かい調整を毎日しています。

カテゴリー: マイコンカーラリー |

はんだ付け&加工開始

7月15日に完成を目標にモータードライブ基盤とセンサー基盤のはんだ付けをしました。

はんだ付けしている間にCNCでジュラルミンを加工し、どんどんパーツを作ってます。 

カテゴリー: マイコンカーラリー |

マイコンカーの設計が完了しました!

マイコンカー班1年生の設計が完了したので、それぞれのマシンの特徴とコンセプトを紹介します。

この機体は低重心にして、安定した走行を出来るそうになるべく小型になるように設計しました。前輪の所を 小回りが利くのではないかと考えて 三日月形にしてみました。            (宮下貴行:電子機械工学科1年)
高校での経験をもとに、少ない材料で軽量化をしつつ剛性の高いマシンになるように設計しました。ステアリングはアッカーマン機構に挑戦し、ホイールのデザインにもこだわってみました。    (藤田瑠一:電子機械工学科1年)
カテゴリー: マイコンカーラリー |

新マシン完成

年末年始頃から加工をしていた新マシンが完成しました。前回のマシンとの相違点は、下記の3点です。

  • ホイルベースの延長
  • カメラやぐらのねじれ剛性UP
  • ホイールの回転をホイールのみから軸と一緒に回転させる

マシンとしては前回よりサイズは大きめになりました。しかしシャーシの肉抜き等を適切に行ったため、重量は約850g→約750gで軽量化に成功しました。(三村祐希也君:電子機械工学科2年)

カテゴリー: マイコンカーラリー |

CNCでのパーツ加工が終わりました。

ステアリングの方式はアッカーマンを作ったので、ちゃんとアッカーマン機構が出来ているか確認しました。(高橋 陸君:電子機械工学科1年)

20170120_takahashi

カテゴリー: マイコンカーラリー |

CNC加工開始

CNC加工の準備ができたので、加工を開始しました。11月の初めに、連休があったのでメインシャーシの加工を行いました。残りは、小さなパーツが多いので平日に少しずつ進めていきます。(三村祐希也君:電子機械工学科2年)

dsc_0710 dsc_0708

カテゴリー: マイコンカーラリー |

試走会コース

10月15日(土)の試走会に向けてコースの設計をしていました。今年の試走会コースは、去年度コースとほぼ同じになります。理由としては、去年の試走会にて、フリー走行時には、完走していたにもかかわらず、タイム計測時には完走が出来ないという方が多かったためです。コースの要素としては、近畿大会を完走するために必要なものが組み込まれています。ぜひとも近畿大会の予行練習としてタイムを残していってください。(三村祐希也君:電子機械工学科2年)

2016%e8%a9%a6%e8%b5%b0%e4%bc%9a imgp4382

カテゴリー: マイコンカーラリー |