OECU杯 ヒト型レスキューロボットコンテスト 2016

2016年11月6日(日)に開催した「OECU杯 ヒト型レスキューロボットコンテスト 2016」は終了いたしました。
コンテストの結果は、コチラをご覧ください。
競技会は無事に終了しました。ご参加・ご来場ありがとうございました。

2016年度 新メンバ募集!

初心者歓迎! EV班、マイクロマウス班が新設されました。

※クリックで大きなJPGファイルが開きます。

更新情報

2016-10-23:「第35回マイクロマウス中部地区大会」レポート
2016-09-25:MISUMI presents第29回ROBO-ONE/MISUMI presents第13回ROBO-ONE Ligh レポート
2016-09-11:第2次学生リーグ第2回大工大ステージレポート
2016-08-13:2016年度マイコンカーラリー試走会 開催のお知らせ
2016-08-07:「ロボファイト17」レポート
2016-08-05:OECU杯 ヒト型レスキューロボットコンテスト2016のお知らせ
2016-07-10:2016マイクロマウス関西地区大会 レポート
2016-06-26:第16回レスキューロボットコンテスト予選大会 レポート
2016-06-19:知能ロボットコンテスト レポート
2016-05-21:2016年度技術講習会講師レポート
2016-05-21:2016年度技術講習会
2016-02-20:第1回マイコンカーラリー技術交流会 in 科技高レポート
2015-11-01:OECU杯 ヒト型レスキューロボットコンテスト 2015のレポート
2015-10-24:2014年度マイコンカーラリー試走会
2015-09-13:近畿学生2足歩行ロボットリーグ2015 第3戦レポート
2015-08-28:2015年度マイコンカーラリー試走会 開催のお知らせ
2015-08-22:2015年度ルネサスマイコンカーラリー競技会
2015-08-22:オープンキャンパス2015
2015-08-08:inrevium杯 第15回レスキューロボットコンテスト
2015-08-02:「ロボファイト16」参戦レポート

もっと読む

活動日誌

メカナムホイールのテスト

2016年12月1日 : カテゴリー: レスコン

メカナムホイールが正しく進むようになりました。前回のトラブルの原因は荷重のバランスではありませんでした。

僕以外の1年の子が原因を発見してくれました。原因は車輪の回転の向きが正しい向きと違っていた事でした。よく見れば違いが分かりました。

また、プログラム上でどの車輪にどの基板のポートが対応しているか分からないと言われました。そこで、分かる様にコメントを追加して欲しいと言われました。工夫して直感的に見て分かる様に図のあるコメントを入れました。(千葉 到君:電子機械工学科1年)

%e3%83%a1%e3%82%ab%e3%83%8a%e3%83%a0%e3%83%97%e3%83%ad%e3%82%b0%e3%83%a9%e3%83%a0pwm%e5%af%be%e5%bf%9c%e8%a1%a8%e8%bf%bd%e5%8a%a0%e6%94%b9%e4%bf%ae

ボールの探索

2016年11月29日 : カテゴリー: 知能ロボコン

ライントレースカーに距離センサーを付け、ボールを見つけることができるようになりました。適切な距離に近づき、アームを動かしてボールを取るプログラムを書きました。しかし、取ったボールが競技台にこすれてしまうのでハードの改良をしていきます。(二瓶悠介君:電子機械工学科1年)

img_1588 img_1589

メカナムホイールの試作機

2016年11月28日 : カテゴリー: レスコン

メカナムホイールの試作機を実際に動かせるかテストしました。

なぜか4輪駆動の内の3輪しか動かないトラブルが起きました。

原因は、プログラム上で1番から順番に車輪への出力をしているつもりでプログラムを書いたことです。コンピューターは1からではなく0から順番にカウントしているのが原因でした。そのため、自分が思っている出力が1つずつずれていました。最後の出力が対応する車輪が動いていませんでした。

また、動いている車輪をボタン1つで全て停止させるプログラムを追加しました。これで全ての車輪が動くようになりました。しかし、実際に動かしてみると新たに問題が発生しました。

真っ直ぐ前後に移動できません。車輪が空回りして真横にも上手く進めないということもわかりました。原因は荷重や重心のバランスが偏っていることだと考えています。

今後はプログラム上で調整をしたりして上手く動く事を実現したいです。(千葉 到君:電子機械工学科1年)

img_20161118_19313123

エンコーダーでの制御

2016年11月22日 : カテゴリー: 知能ロボコン

エンコーダーの制御をやりました。A相を基準として見ることで正転か逆転を読み取っています。これをしっかり理解して三輪移動で自己位置推定がしっかり出来るようにしていきます。(前田直樹君:電子機械工学科1年)

img_4631 img_4630

検出時間の短縮

2016年11月20日 : カテゴリー: 知能ロボコン

今回は、一番大きく映ってるボールの中心座標と指定座標(今回は画像の中心)を比較してボールの中心座標をどう動かせば指定座標と重なるかを出力させました。

また、処理時間を少しでも短縮するためにしきい値を調節して、検出数を減らしました。検出数が1個になるようにしても良かったのですが、誤検出した時や、検出できなくなったときに困るかもしれないので、そこまで厳しくはしていません。

※「result」ウィンドウの真ん中当たりの青っぽい四角の中が比較に使った範囲です。実際にロボットで動かす時にピッタリ重なるようにするのは難しいので範囲をつけて、判定を少し緩くしています。(漆原宏丞君:電子機械工学科1年)

6706 6705