OECU杯 ヒト型レスキューロボットコンテスト 2016

2016年11月6日(日)に開催した「OECU杯 ヒト型レスキューロボットコンテスト 2016」は終了いたしました。
コンテストの結果は、コチラをご覧ください。
競技会は無事に終了しました。ご参加・ご来場ありがとうございました。

2016年度 新メンバ募集!

初心者歓迎! EV班、マイクロマウス班が新設されました。

※クリックで大きなJPGファイルが開きます。

更新情報

2016-10-23:「第35回マイクロマウス中部地区大会」レポート
2016-09-25:MISUMI presents第29回ROBO-ONE/MISUMI presents第13回ROBO-ONE Ligh レポート
2016-09-11:第2次学生リーグ第2回大工大ステージレポート
2016-08-13:2016年度マイコンカーラリー試走会 開催のお知らせ
2016-08-07:「ロボファイト17」レポート
2016-08-05:OECU杯 ヒト型レスキューロボットコンテスト2016のお知らせ
2016-07-10:2016マイクロマウス関西地区大会 レポート
2016-06-26:第16回レスキューロボットコンテスト予選大会 レポート
2016-06-19:知能ロボットコンテスト レポート
2016-05-21:2016年度技術講習会講師レポート
2016-05-21:2016年度技術講習会
2016-02-20:第1回マイコンカーラリー技術交流会 in 科技高レポート
2015-11-01:OECU杯 ヒト型レスキューロボットコンテスト 2015のレポート
2015-10-24:2014年度マイコンカーラリー試走会
2015-09-13:近畿学生2足歩行ロボットリーグ2015 第3戦レポート
2015-08-28:2015年度マイコンカーラリー試走会 開催のお知らせ
2015-08-22:2015年度ルネサスマイコンカーラリー競技会
2015-08-22:オープンキャンパス2015
2015-08-08:inrevium杯 第15回レスキューロボットコンテスト
2015-08-02:「ロボファイト16」参戦レポート

もっと読む

活動日誌

タイヤの選定

2017年2月22日 : カテゴリー: レスコン

1号機に必要なタイヤを探していました。条件は立ち往生しない直径と20キロの重さに耐えられることです。しかし、条件に合う物はありませんでした。そこで、タイヤを設計して自作することになりました。(千葉 到君:電子機械工学科1年)

新マシン完成

2017年2月20日 : カテゴリー: マイコンカーラリー

年末年始頃から加工をしていた新マシンが完成しました。前回のマシンとの相違点は、下記の3点です。

  • ホイルベースの延長
  • カメラやぐらのねじれ剛性UP
  • ホイールの回転をホイールのみから軸と一緒に回転させる

マシンとしては前回よりサイズは大きめになりました。しかしシャーシの肉抜き等を適切に行ったため、重量は約850g→約750gで軽量化に成功しました。(三村祐希也君:電子機械工学科2年)

吸引機の製作結果

2017年2月16日 : カテゴリー: 知能ロボコン

完成した3Dデータを大学の加工センターに依頼し、3Dプリンターで製作していただきました。実際に試したところ、風量に問題はありませんでした。この結果を元に、これから大会に向けてバード全体を完成させたいと考えています。(井堀幸祐君:電子機械工学科1年)

3号機子機の本体設計

2017年2月12日 : カテゴリー: レスコン

今週は子機の本体の設計をしていました。子機を動かすキャタピラ機構はタミヤのキットを用いる予定なので実際に部品を測りながら設計を進めてきました。来週はジャッキの上下機構に用いる部品の選定をしていこうと思っています。(山田秦也君:電子機械工学科1年)

ロボットの重さの測定

2017年2月10日 : カテゴリー: レスコン

先輩にトルクとスピードの計算方法を教えてもらいました。ロボットのトルクの計算のため、各部分の重さをはかりではかりました。スピードは話し合った結果、すごく早い必要はないと決まりました。また、1号機のフレームの柱を切って加工しました。(千葉 到君:電子機械工学科1年)