ヒト型ロボット」カテゴリーアーカイブ

ロボ闘2016に参加

私は大阪産業大学の大学祭イベントの内の一つである「ロボ闘」に出場しました。闘の文字が入っているとおり、ロボット同士の1VS1のバトルの大会で,トーナメント式です。同じ日に大阪電気通信大学が主催しているヒト型レスコンがあり、そちらの方に参加した人もいる為、参加者が分散し参加人数はそれほど多くはなかったです。ですが,会場ではバトル専門にロボットをやっている強者も居り,そのロボットとも戦えたため非常に良い経験になりました。私はこの大会で,3位という結果を残すことができました。(森下 英治君:情報学科1年)

ロボ闘2016 (2) ロボ闘2016 (1)

カテゴリー: ヒト型ロボット |

OECU杯 ヒト型レスキューロボットコンテスト 2015

OECU杯 ヒト型レスキューロボットコンテスト 2015を共催しました。13体のヒト型ロボットが、レスキュー活動の技術を競いました。自由工房のヒト型ロボットプロジェクトから3体、レスコンプロジェクトから1体参加しました。

P1210033ts

カテゴリー: イベント報告, ヒト型ロボット, レスコン |

3号機:アームの改良

前回試作したアームはモーターのバランスが悪かったので、取り付け位置を変えました。(川中裕士君:電子機械工学科1年)

カテゴリー: ヒト型ロボット |

薦田室長よりメッセージ

電通大杯 マイコンカーラリー大会まで2週間になりました。遠方から多くの方が、大会に来てくれます。ちゃんと迎えられるように準備をしてください。MCRのメンバーだけでは手が足りないので、みなさんサポートしてください。

カテゴリー: ヒト型ロボット |

アームの機構

クレーンのような機構のアームを考えています。エンターテイメント性のあるロボットを作りたいです。(橋本悠杜君:情報工学科1年)

カテゴリー: ヒト型ロボット |

機構設計

アームの機構を検討中です。(近藤 吏君:電子機械工学科2年)

カテゴリー: ヒト型ロボット |

進捗状況

アームを1年生に作ってもらっています。アームが完成したら、色を識別してボールを掴む制御を盛り込んでいきます。(董 和也君:電子機械工学科2年)

カテゴリー: ヒト型ロボット |

レスキューコンセプト

来年度のレスコンに向けて、レスキューコンセプトについて検討中。熱く意見を交わしています。

カテゴリー: ヒト型ロボット |

床清掃

12日(成人の日)に、床清掃が入ります。床が滑りやすくなりますから、注意してください。

カテゴリー: ヒト型ロボット |

薦田室長からのメッセージ:PDCA手法

今年度から、自由工房内での意識を改善していきましょう。

プロジェクトの進捗をしっかり管理して、目標を達成するために活動しましょう。

製造業の世界には、PDCAという手法があります。

Plan => Do => Check => Action

このサイクルを回して、自分の設計したようにロボットが完成したかチェックし、できなかったときには、改善方法を考えて、次のアクションやプランを考えます。

モノ作りは、最初に考えたものがその通りに完成するわけではありません。

試行錯誤を繰り返して、改善し、実証し、最終形に少しずつ近づけていくのです。

製造業では、どこでもこうして製品を作っています。

自由工房は学生が自主的に活動する場です。一人一人が意識を高くもって、活動していくように心がけてください。

わからないことがあれば、どんどん質問に来てください。

カテゴリー: ヒト型ロボット |