月別アーカイブ: 2009年4月

電子部品は可愛い

普通より大きな電子部品は可愛いと思います。(石村仁志君:医療福祉工学科2年)

カテゴリー: ヒト型ロボット, プロジェクト |

クイズ2)これなんだ?

ずらっと並んだコレは何でしょう? 実物が見たい人は、自由工房に遊びに来てください。

カテゴリー: ヒト型ロボット, プロジェクト |

バッテリーのメンテナンス

古いバッテリーを解体して、使えるのを選んで新たに製作中です(高橋裕一朗君:情報工学科2年)

カテゴリー: プロジェクト, レスコン |

クイズ1) 答えです。

答えは、ボール盤でした。ボール盤のどこ? と知りたい人は、自由工房に遊びに来てください。特別に教えます!

カテゴリー: プロジェクト, レスコン |

定例ミーティング

各プロジェクトが、第1回新メンバ募集説明会の報告をしました。レスコンから、進捗報告がありました。カタチになった3号機が注目を集めていました。

高木先生からのメッセージ:

第1回目の新メンバ募集説明会お疲れ様でした。各プロジェクトとも準備をしっかりしてあって、いい発表になりました。
説明会は、参加者の人達にロボットの面白さや楽しさを伝え「自分もやりたい!」と思ってもらうのが目的です。そのためにも、ロボットが動かなくては話になりません。次回もしっかり事前準備しておきましょう。

もう1つ忘れてはならないのは、自分たちにとっては人前でロボットを動かすのは、本番と同じ緊張感を得られる貴重な場だということです。たくさん時間がある中で、メンテナンスしたり練習していてもトラブルは起こりません。試合本番で発生するトラブルの多くは、ヒューマンエラーです。

限られた時間しかない、極度の緊張下でロボットを動かすから、思わぬミスをする。人間ってそういうものです。だから、人前でロボットを発表する機会は貴重な体験の場です。本番と同じ意気込みで、取り組んでください。

そして、その緊張感や真剣さは見ている人に伝わります。“本気で取り組む姿勢を見せること”がロボットの面白さや、自由工房の楽しさを伝えることになります。そのためにロボット相撲は、説明会の後に、第1回自由工房杯を本気でやりました。第2回目はマイコンカーラリーもレスコンも大会を考えましょう。

カテゴリー: プロジェクト, レスコン |

技能確認 レスコン&MCR

各作業の指導をするためのマニュアルは、先輩が作成し指導します。マニュアル作成することで、自分が正しく理解しているか復習し、人に教えることで理解を深めます。技能確認は、新メンバのためだけではなく自分たちのスキルアップにもなっています。

カテゴリー: プロジェクト, マイコンカーラリー |

技能確認 ロボット相撲

自由工房では、手作業(測定器の使い方やケガキ作業etc)から、機械作業、電子作業、製図、マイコン制御等ロボット製作に必要な技能を各自がどれだけマスターしたか、チェックシートを作っています。もちろん、初めからできる人はいません。先輩が技を伝授しています。

カテゴリー: ヒト型ロボット, プロジェクト |

クイズ1)これなんだ?

これは何でしょう? 答えは3日後! 待ちきれない人は、自由工房に答えを探しに来てください。

カテゴリー: プロジェクト, マイコンカーラリー |

新メンバ募集!説明会準備

いよいよ明日は、新メンバ募集説明会です。リハーサルもしっかりやって、最終打ち合わせもばっちりです。目の前で動くロボットの迫力で、参加者を驚かせます! 期待して見に来てください。

カテゴリー: プロジェクト, レスコン |

フレームの設計中

設計の一番の基本は正確な採寸。まずは手書きで図面を作成して、寸法を書き込みます(増田健剛君:電子工学科2年)。自分ではうっかりし気付かないミスもあるので、富田信君(電子機械工学科2年)に見てもらって確認しました。

カテゴリー: プロジェクト, マイコンカーラリー |