OECU杯 ヒト型レスキューロボットコンテスト2018 規定

OECU杯 ヒト型レスキューロボットコンテスト2018」の規定です。

競技規定

8月8日暫定版(クリックでPDF表示)

2017からの主な変更点

  • 要救助者人形の姿勢を競技者が設定できなくなり、審判が規定に基づき設定します。ただし、関節の角度は定めてないのでばらつきがあります。
  • 要救助者人形は、床面ではなく、ベッドの上に設置されます。ベッドは、レンガガレキと同じ素材を3個並べたもので、寸法は300mm×200mm×50mmです。
  • 救助エリアがなくなりました。ガレキ除去タスクの完了条件は、ベッドに触れている全てのガレキをそれから離すことです。

競技説明画像集

競技説明画像集のページをご覧ください。

要救助者人形

要救助者人形のページをご覧ください。

競技フィールド(各部の縮尺は厳密ではないことに注意)


図をクリックするとPDFファイルを表示。

旧い版